Author Archives: 管理人

不動産会社の実績も

建築会社の実績と同様に、不動産会社の実績も気にするようにしましょう。というのも、不動産会社にはそれぞれ得意とするジャンルが分かれている傾向にあります。

極端な例となりますが、賃貸を得意とする不動産会社に足を運んで分譲住宅購入の話を切り出しても、実績がないことから良質な物件を紹介してもらえない可能性が高くなります。そこまで極端ではなかったとしても、担当者の実績によって大いに購入物件の質に違いが生まれることでしょう。

物件不動産会社の担当者が実際に分譲住宅購入における実績を持っているかたでしたら、その分手続きもスムーズに運びますし、当然良質な物件を紹介してもらえる可能性や、なぜその物件がオススメできるのかという点まで事細かな説明を受けることができると思います。信頼できる担当者と巡り会えるかどうかは、分譲住宅を購入する上でとても大切な要素です。例えば、分譲住宅販売”ポラス”では、さいたま市・越谷・柏の地域で10年連続NO.1の実績があります。

住宅ローンの手続きや条件など、専門的な部分も含め、分譲住宅の売買契約を実際におこなったことがある担当者と、そうではない担当者ではやり取りの中で違いが生まれることになりますので、売買契約を担当したことのあるかたに売買の担当をしてもらえるようお願いしてみましょう。

実績がもっとも重要

分譲住宅を購入する際には、何よりも建築会社の実績が重要視されます。分譲住宅をメインに着工している会社でしたら、消費者心理からどういった分譲住宅に需要があるのか分かっている傾向にあると言えるでしょう。

サラリーマンたとえば耐震性。日本は地震大国と言われていますので、今や耐震性に着目しないかたはいらっしゃらないと思います。耐震性は建築基準法で震度6弱に耐えられる物件ではない限り建ててはいけないとされていますが、この基準は最低ラインとなり、それ以上に強い地震に耐えられる物件を建ててはいけないわけではありません。どれほどの大きな地震が起きても耐えられるような、耐震構造を誇る物件でしたら、購入に対して前向きな気持ちを抱く要因になると言えるのではないでしょうか。

また、地盤に対しても深い知識を持っていることが建築会社には求められます。液状化現象が進む関係から、耐震構造が整っていても、地盤が緩くなっている箇所はあるでしょう。実績がある優秀な建築会社なら、地盤に対する知識も深い傾向にあると思います。

戸建ての物件であろうと新築物件であろうと、分譲住宅を購入する際には、まず着工を担当した建築会社の実績を調べるようにしてください。続いては、不動産会社の実績について触れていきたいと思います。

分譲住宅を買うなら

今すぐにではなくとも、将来的にマイホームの購入を検討していらっしゃるかたは多いのではないでしょうか。マイホームの購入は一世一代の大きな買い物と言えますので、その分こだわりをもって物件情報に見入るかたもいらっしゃると思います。

しかし、分譲住宅の情報を見る際には、間取りや照射条件、接道状況だけを見るのではなく、建築会社の実績も確認するようにしてください。建築会社が過去に分譲住宅の着工を担当したことがある会社なのか、それとも会社としての歴が浅い会社なのかによって、物件の質が大きく違ってくることになります。

家診断間取りなどの条件に大きな違いが生まれることはありませんが、耐震性や地盤の状況を加味した物件の着工など、実績の有無で信頼性に違いが生じることになるでしょう。歴の浅い建築会社が悪いわけではありませんが、分譲住宅において建築会社の実績以上に重要視したい部分はありません。

また、不動産会社の実績も同様にしっかりと確認するようにしてください。不動産会社自体にも物件の売買契約が得意な会社と、賃貸契約が得意な会社とで明確に違いが見受けられます。その上在籍しているスタッフのかたにも、売買契約をおこなった実績があるかどうかで手続きのスムーズさに違いが生まれますので、併せて確認するようにしましょう。

こちらで分譲住宅を購入する際に、建築会社と不動産会社の実績が重要な理由を詳しくご紹介いたしますので、将来的に分譲住宅を購入しようと考えているかたはぜひご覧になってください。